やっぱり本が好き

図書館、本屋さん大好き♪ 2日に1冊ペースで読書を楽しんでいます。ときどき映画鑑賞も。

森見登美彦

熱帯

熱帯 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/11/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る 出だしから、ズルズルと不思議な物語に引きずり込まれたような感じ。 最後まで読めない小説って気になるよね〜。 こんな雰囲気の…

有頂天家族 二代目の帰朝

有頂天家族 二代目の帰朝(2015/02/26)森見 登美彦商品詳細を見る 狸と天狗の関係ってこんな感じなのだろうか? 落語で、狐や狸に化かされたという話しがよく出てくるけれど、そんな話しが本当にあってもおもしろいと感じられる。 京都が舞台だからそんな気分…

聖なる怠け者の冒険

聖なる怠け者の冒険(2013/05/21)森見 登美彦商品詳細を見る 1回読むのを挫折したけど、再挑戦。 突飛な物語に馴染めなかったか!? 京都っぽい雰囲気は味わえるのだけれど……。 狸のお面にマントの正義の味方か、おちゃめではある。 ★★☆☆☆

きつねのはなし

きつねのはなし (新潮文庫)(2009/06/27)森見 登美彦商品詳細を見る独特の世界観。 舞台が京都だから、この空気感があうのかな。 古道具屋のバイトとかしてみたいわー。そこにある道具にも興味はあるけど、そこへやってくる人たちにも興味アリ。 そんな機会が…