やっぱり本が好き

図書館、本屋さん大好き♪ 2日に1冊ペースで読書を楽しんでいます。ときどき映画鑑賞も。

反社会品

 

反社会品

反社会品

 

短編集。

どれも恐ろしい医療物。

『人間の屑』意識がなさそうでも、ちゃんと聞こえていて話は理解しているのかも。ただ、それを相手に伝える手段がないというだけで……。

『無脳児はバラ色の夢を見るか?』事前の検査は有意義に思えるけれど、実は不安を煽るだけのものではないのかな? 具合が悪くて検査を受けるのならある程度は覚悟をしているけれど。

『占領』こんな時代がくるかも。子供は少ない、老人は多いし。

『不義の子』優秀な子供にしたいというのは誰しも考えること。

『命の重さ』こんな板挟みになりたくない。最初、職場でお願いされたときにきっちり断れば良かったのよ。そもそもが自分の意思じゃないというところに問題アリ。

『のぞき穴』ダメと言われていることを行うというのはドキドキがすごいだろうな。それがこんなことに繋がるなんて。男性版の優秀な子どもを残したいというバージョンか!?

『老人の愉しみ』考えていることが相手に伝わったら問題だ。何もかも伝わっていい、というわけじゃないな、こりゃ。

 

★★★☆☆