やっぱり本が好き

図書館、本屋さん大好き♪ 2日に1冊ペースで読書を楽しんでいます。ときどき映画鑑賞も。

八日目の蝉

 

八日目の蝉

八日目の蝉

 

新聞のテレビ欄を見ていて、放送されると知る。

が、うちテレビの映りが悪いのよね〜。

というわけで、後日Amazonプライムビデオで鑑賞。

本も読んでいると思って読書ノートを調べたら、2008年8月末に記録されていた。このときは、★3つ。

「子どもの連れ去りが重くて暗い話。息が詰まりそうで途中で読むのをやめようか。ただ、2章で連れさられ女の子が大学生になり、自分が何者なのか? と考えていくあたりからいい感じだ」
と記録していた。

確かに、そんな感想を持ったなぁ。

映像はというと、かなり良かった。

主に薫(恵理菜)からの視点で描かれているのが原因かも。

過去に何があったのか、ということをチラチラと戻して観せる手法が効果的なのかなぁ。

本を読んだ時よりも断然感動して自分でもビックリした。

ジワ、ジワジワーとくるな。

血のつながりというより、どれだけ愛情を持って接してもらったかということが大切なんじゃないのかな。

 

★★★★★