やっぱり本が好き

図書館、本屋さん大好き♪ 2日に1冊ペースで読書を楽しんでいます。ときどき映画鑑賞も。

奇縁七景

 

奇縁七景

奇縁七景

 

『虫が好かない』えー、そんなー、うーん、あるかも。これだけ個性的だと。

わが家でもコンポストを使用中。だって、少しでもゴミを減らしたいんだもん。しかも、田舎暮らしをしているのでゴミ出しの場所まで距離がある。生ごみをコンポストに入れるとゴミの量が減り、ゴミ出し回数も減るってなわけです。

が、7月末頃から様子が変!!!

何か動いてるんですよ。よーく見ると、多数の虫がうごめいているの……。

ネットで調べてみると、アメリカミズアブらしい。

わが家のコンポストを思い浮かべながら読んでしまった。

あ、物語に出てくるほど大型ではありませんけどね。

『目に入れても』こういう思い込みありそう。特に女性の場合。親離れ、子離れしないとね。

『報いの一矢』ひぃ〜、うかつに思ったことを口に出せないのね。

『夜の鶴』子を思う親の愛情の深さにたとえていう話という意味があったのか。その意味を知ってからタイトルを見るとなるほど。いやー、親の愛はわかるけど、正直に話してくれてもいいんじゃない?

『只よりも高いもの』この格差はなに? ペットの世界でも? その理由は、こんな理由があったからとは。

『黒い瞳の内』どうなるの? え、そうなのと最後にジーンときた。

『岡目八目』確かに、当事者よりも第三者のほうが冷静に物事をみられるかも。ここで『報いの一矢』、『夜の鶴』ともつながってくるとは。

 

★★★★☆