やっぱり本が好き

図書館、本屋さん大好き♪ 2日に1冊ペースで読書を楽しんでいます。ときどき映画鑑賞も。

物語のおわり

 

物語のおわり

物語のおわり

 

駅で彼に待たれていたから、それを振りきって夢に向かったのではなく、家に引き返してパン屋になり少々後悔しているという筋なのかと思っていた。

だから、それを記して自分を納得させておこうとしていたのかと……。

終わりのない物語が幾人かの人の手に渡り、手にした人それぞれの状況から、さまざまな物語のおわりが語られるので、考え方や置かれている立場、目線などによって捉え方もひとつではないのだなと感じた。

最後にこの物語を書いたおばあさんの本当の物語のおわりが語られ「あぁ、そうだったのか」と納得。

旅先で人から人へ物語が渡っていくのも面白い。

自分の人生の物語は、自分でおわりが決められるってことね。

 

★★★★★