やっぱり本が好き

図書館、本屋さん大好き♪ 2日に1冊ペースで読書を楽しんでいます。ときどき映画鑑賞も。

道尾秀介

いけない

仕返ししたい気持ちはわかる。でも、仕返ししたら、した人も同類。嘘をつく人も嫌い。大概、自分に都合の良い嘘だから。最後の白紙の手紙、あれは正解なんだろうか? 正直に書いておくべきなんじゃないだろうか。 ★★★☆☆

カエルの小指

詐欺師から実演販売士かぁ、口がうまそう。助けたい一心で仲間が集ったり、でも、なにか隠し事がありそうだったり、で惹きつけられたわ〜。 ★★★★☆

満月の泥枕

満月の泥枕 作者: 道尾秀介 出版社/メーカー: 毎日新聞出版 発売日: 2017/06/08 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 子どもを失ったおじさんに引き取られた汐子。自分の子どもの代わりじゃない けれど、汐子がいたから毎日の生活が遅れたの…

風神の手

風神の手 作者: 道尾秀介 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2018/01/04 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る ちょっとしたことが次々と影響していくということはあるんだろうね。いちいち考えていないから、ハッキリとこれとこれが因…

ソロモンの犬

ソロモンの犬 (文春文庫) 作者: 道尾秀介 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2010/03/01 メディア: 文庫 クリック: 33回 この商品を含むブログ (57件) を見る 戌年だからってわけじゃないけど。 大学で好きな女の子がいるとなると張り切るのだろうね。そこ…

サーモン・キャッチャー the Novel

サーモン・キャッチャー the Novel 作者: 道尾秀介,concepted by 道尾秀介×ケラリーノ・サンドロヴィッチ 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2016/11/17 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (2件) を見る 釣り堀で釣った魚の種類と数によ…

スタフ staph

スタフ staph 作者: 道尾秀介 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/07/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 移動デリ。お客さんとのやりとりがやりがいなのかしらね? そんな移動デリをやっている夏都。自身は離婚して姉の息子(甥っ…

貘の檻

貘の檻(2014/04/22)道尾 秀介商品詳細を見る 父親の誤解が解けないままだなんてイヤだなぁ。 自分が信じていた人に裏切られるようなことがあると心が折れそう。 他人を傷つけてもいいと思うほど誰かを好きになってしまうってことがあるのか……。 ★★★☆☆

鏡の花

鏡の花(2013/09/05)道尾 秀介商品詳細を見る 短編。 つながっているような別の話として楽しむべきのような…。 頭の中が混乱する。 鏡は別世界の入り口!? 『鏡蛇』が読みたくなった。 ★★★☆☆

光(2012/06/08)道尾秀介商品詳細を見る 夏という感じの作品を暑い夏に読めたのはラッキー。 自分も体験しているような気分が盛り上がるもの。 ただ、小学生が主人公なのでさほど集中できず。ええ、自分が小学生の頃って数十年も昔ですから。 確かに、子供の…

笑うハーレキン

笑うハーレキン(2013/01/09)道尾 秀介商品詳細を見る 会社がうまく行かず家族も失いトラックで生活することに。 ホームレスに近いがトラックという道具があるだけまだマシなのか? 川べりで生活することになるのだが、いい仲間に囲まれているのではないかと…

ノエル: a story of stories

ノエル: a story of stories(2012/09/21)道尾 秀介商品詳細を見る 作中人物が作る物語と連動しているつくり。 嫌なことや悲しいことがあったらノートに物語を書いて現実を忘れるというのもひとつの手だなぁ。妹のいる姉の立場から『暗がりの子供』の気持ちは…

水の柩

水の柩(2011/10/27)道尾 秀介商品詳細を見るかつて自分の住んでいた町がダムの底に沈んでしまったら。嘘をついてきたいくばぁちゃんは、ホッとした気分だったに違いないが、そうでなければ寂しい気持ちになるんじゃないかなぁ。 いくばぁちゃんの幼い頃のつ…