やっぱり本が好き

図書館、本屋さん大好き♪ 2日に1冊ペースで読書を楽しんでいます。ときどき映画鑑賞も。

恋のゴンドラ

 

恋のゴンドラ

恋のゴンドラ

 

軽い読み物。

なんだかなぁ、な展開にイライラする。

こんな人とは付き合わないわ(笑)。

そうは言ってもいろんな人がいるから刺激的で楽しいのだろうけどね〜。

最後が痛快だったからいいか。

 

★★★☆☆

梟のシエスタ

 

梟のシエスタ

梟のシエスタ

 

変わった人ってそれだけで他人を油断させてしまうのかも。

「こんな変人と一緒にいたら自分のペースが乱されるじゃん、関わらないでおこう」なんて思わせられて、気がついたらいいように物事が進んでいるのかもね〜。

マイペース、マイペース。他人に心乱されることはないや。

 

★★★☆☆

翼がなくても

 

翼がなくても

翼がなくても

 

そんなことで償おうなどと思うなら、最初からまともな生活をしていればいいのに、と思ってしまう。

手にしたお金で未来が拓けるような気配がしているから、無駄ではなかったんだろうけど、どうもね〜。

何ごとにも食らいついていく沙良の根性は見習いたいわ。

 

★★★☆☆

引き抜き屋(2)鹿子小穂の帰還

 

引き抜き屋(2)鹿子小穂の帰還

引き抜き屋(2)鹿子小穂の帰還

 

ヘッドハンティングされる人っているんだろうなぁ。

どうやって自分のことを知ったのだろうか? 次の職場は本当に自分のためになるのだろうか? などと色々考えてしまうんだろうなぁ。積極的な転職と違ってきっと期待も大きいのだろう。それを引き受けられるって只者じゃないな。

シリーズ2を先に読んでしまったようなので、次は1を借りてこよう。

 

★★★☆☆

俗・偽恋愛小説家

 

俗・偽恋愛小説家

俗・偽恋愛小説家

 

前回の続き。今回も似たようなテンポで話が進むので読みやすい。何度もこんな解釈があるのかぁと思ってしまう。

最後は収まるところにおさまった感じになって一安心。

 

★★★☆☆

プチ・プロフェスール

 

プチ・プロフェスール

プチ・プロフェスール

 

小学4年生の女の子の理緒と女子大学院生の律のコンビが笑ましい。年齢は違うけど似てるのよね〜。

集団になったらちょっと浮いちゃう系なのかもしれないけれど、だからこそ仲良しになれたのかも。

意外なところで関係があったというのが最後にわかるところもいいなぁ。

留学後の話も読みたい。

 

★★★★☆

クラウドクラスターを愛する方法

 

クラウドクラスターを愛する方法 (朝日文庫)

クラウドクラスターを愛する方法 (朝日文庫)

 

母親が出ていった家にいたくなくて独り立ちを決意。

でも、生活がなかなかに苦しい。うーん、そうだよね。お金がないとどうにもならないこともあるもん。相手を利用するというくらいの考えで同棲するのなら割り切れるのかもしれないけれど、ふと我に返ると「何やってんだ」と思ってしまいそう。本当に好きで一緒にいたいというのなら話は違ってくるのかもしれないけれど。

母親の姉妹のおばさんたちがいい味出してて好きだな。

 

★★★☆☆

偽恋愛小説家

 

偽恋愛小説家 (朝日文庫)

偽恋愛小説家 (朝日文庫)

 

『シンデレラ』『眠り姫』などの童話をモチーフにして謎を解く。

えぇ、そんな解釈もあったのか、と思うと元の童話をもう一度ちゃんと読まないとなと思ってしまう。子供の頃に読んだお話はざっとしたストーリーしか覚えていなくて細かい箇所になると「そうだったっけ?」という感じだもの。

同じ作者のほかの本も読んでみたい。

 

★★★★☆

樽とタタン

 

樽とタタン

樽とタタン

 

居場所が見つかってよかったね。

そんなにホッとできる喫茶店、行ってみたよ。

周りの大人が放置してくれるから、変な気を遣わずにいられて安心できたのか? 赤い樽が魅力的だったのか。

狭い所に入ると安心するってあるのね〜。

本当の話のような嘘のような、でもなんかじわっと幼いころを思い出せていい感じ。

 

★★★☆☆

ルカの方舟

 

ルカの方舟 (講談社文庫)

ルカの方舟 (講談社文庫)

 

コンタミ』を読んで面白いなぁと思ったので、図書館から同じ著者の本を適当に借りてくる。

業績のために…ということはあるのかもしれないなぁ。でもさ、本物でないものはいつかばれるよ。それにヒヤヒヤしながら日々を過ごすのかと思ったら、無理しないで地道にコツコツを選ぶほうがいいと思うのだけれど、競争社会に足を突っ込んだら、そうも言ってられないのかなぁ。

上からの指示が多いと、自分を見失うってことはあるのかもね。

 

★★★★☆