やっぱり本が好き

図書館、本屋さん大好き♪ 2日に1冊ペースで読書を楽しんでいます。ときどき映画鑑賞も。

ロードムービー

 

ロードムービー (講談社文庫)

ロードムービー (講談社文庫)

 

ロードムービー』『道の先』『雪の降る道』の3編。

どれもひねくれた子供が主人公。『道の先』だけ中学生だったけど、ほかは小学生。ちょいとひねくれちゃう時期ってあるよね。そんなひねくれ者にもひとりは味方がいるもんなんだ。ちゃんとわかってくれる人が。そうでないと悲しいもんね。その関係性さえ間違えなければいい方向に向かっていくと思う。

ただ、中学生と塾講師の関係はいただけないのだけれど。もっと違った接し方みたいなのがないものなのか。

 

★★★☆☆

サクッと1分間 整理・ファイリング術

 

サクッと1分間 整理・ファイリング術

サクッと1分間 整理・ファイリング術

 

整理する前に、いらないものを捨てるのは当然。でないと、いらないものまで収納しなくてはいけなくなるもん。

許容範囲を超えているから、管理できないんだもんな。

整理・ファイリングはその人その人にあった方法であればなんでもいいように思う。

そもそもファイルしても活用しなければ意味がないのだから、検索のことを考えれば電子データが1番。

 

★★☆☆☆

イキガミ

 

イキガミ

イキガミ

 

24時間後にあなた死にますよ

なんていう通知を貰ったら。

やり残したことをやる? 何もせずその時を待つ?

突然、死ぬわけじゃなく、24時間あるからと前向きに捉えるしかないよね、だって変えられないんだもん。

それを通告するほうが息苦しいような……。

そんな制度を導入しているほうがどうかしているけれど。自分の人生を他人に操作されたくないね、やっぱり。

 

★★★☆☆

でーれーガールズ

 

でーれーガールズ (祥伝社文庫)

でーれーガールズ (祥伝社文庫)

 

でーれーは岡山弁だったか。懐かしい方言。

言われてみれば独特やわな、昔話のような。

そんな雰囲気がマッチしているのか、女子校時代の話に方言の風味が加わって何とも言えない仕上がりだ。

親友など長い付き合いになる人って高校生くらいまでに出会っているものなのかもしれない。

 

★★★☆☆

ショッキングピンク

 

ショッキングピンク (講談社文庫)

ショッキングピンク (講談社文庫)

 

タイトルどおり、ショッキングピンクな話。

たまにはいいかそんなのも。

生きてる感じがプンプンして。

 

★★★☆☆

毎日かあさん

 

毎日かあさん

毎日かあさん

 

波乱万丈だったのね〜。

飽きずに毎日を過ごして来られたのかしら?

どんな相手であっても、最期に一緒にいたいと言われたらなんかグッとくるな。自分の選んだ人だもの、最期までみてあげたいもんだ、何があっても。

色々あったけど、会えて良かったよ
と思えれば自分も納得できそう。

相手に影響されず、我が道をグイグイ行きたいもんだ。そうすれば、後悔しないで済みそう。

 

★★★☆☆

心臓異色

 

心臓異色

心臓異色

 

誰にも影響を与えず生活するということなんてできない。

どうせなら、いい影響を与えたいもんだ。

『心臓異色』『踊るスタジアム』『ボクはニセモノ』はどれも古いものを使うという話だった。『ボクはニセモノ』はそんな時代がくるかもね〜。できるようになっても、その技術を使えばいいというものでもないと思うけど。それでも、強い思いがあるから発展するのかもしれない。

 

★★★★☆

望月青果店

 

望月青果店 (中公文庫)

望月青果店 (中公文庫)

 

母子でもうまくいかなくなるときがあるっていうのにね。

長い長い時間が解決に導いてくれるのだろうか。

時間、とても必要なもの。

 

★★★☆☆

大人スタイルのファッション&メイクBOOK

 

大人スタイルのファッション&メイクBOOK ~着こなしとメイクの合わせ方がよくわかる~

大人スタイルのファッション&メイクBOOK ~着こなしとメイクの合わせ方がよくわかる~

 

この手の本を見ると、大人って一体何歳を言っているのかわからなくなる。

20代、30代というわけでは全然ない。

どうも50代、60代あたりを指しているようなんだな。

えー、そこから大人なのか……。

誰でも年齢を重ねるというのに、なかなかに気を遣わなければならないのね。

となると、あたしサッパリだよ。今でさえ、ファッションセンスなしなのに、これから先どうすればいいのだろうかね(笑)。

ファッションはモデルさんが着ているのを見て、なるほど! と思えるような気がするので、紙面的には面白みがなかったなぁ。

 

★★☆☆☆

いくつになってもおしゃれに 大人のシンプル着こなし入門

 

いくつになってもおしゃれに 大人のシンプル着こなし入門

いくつになってもおしゃれに 大人のシンプル着こなし入門

 

60代から似合う服。

60代にはまだまだあるが、そう思っていると案外早いのかもしれない。

ちょっとしたコツを掴めば垢抜けるのかもしれない。法則はあるようだが、それを覚える気力が……ない。

ニコニコ笑顔なら、「あら素敵」と思ってもらえそう。

 

★★★☆☆